株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

外為サマリー:104円70銭台へ下落、流動性確保のドル買いは一服 10月27日15時32分

 27日の東京外国為替市場のドル円相場は、午後3時時点で1ドル=104円73銭前後と前日午後5時時点に比べ10銭強のドル安・円高。ユーロは1ユーロ=123円94銭前後と同10銭強のユーロ安・円高で推移している。

 ドル円は、朝方104円80銭前後で推移していたが、正午過ぎには一時104円60銭台に下落した。前日のNYダウは大幅安となったが、日経平均株価は下げ渋る展開。NYダウ先物も底堅く推移しており、流動性確保に向けたリスクオフのドル買いが一服する展開となった。

 ユーロは対ドルでは1ユーロ=1.1833ドル前後と同横ばい圏で推移している。




出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
明日の主なマーケットイベント
医学生物に対してJSRがTOBを発表◇
債券:先物、後場終値は前営業日比7銭高の152円00銭


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »