株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

キヤノン異色の逆行高、テレワーク環境追い風に20年12月期業績予想を増額 10月27日09時16分

 キヤノン<7751.T>が全体リスクオフ相場に逆行。主力輸出株としては異色の強さを発揮し、カイ気配スタートで3連騰と気を吐いた。同社は26日取引終了後、20年12月期業績予想の修正を発表、営業利益は従来予想の450億円から640億円(前期比63%減)に増額しており、これが素直に好感される形で買いを呼び込んだ。新型コロナウイルスの感染拡大は逆風ながら、テレワーク導入加速の動きを背景に在宅勤務に対応した家庭用プリンターの販売拡大などが収益に寄与する見込み。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東京株式(大引け)=22円安、様子見ムードのなか薄商いで小幅反落
コーテクHDは6日続落、上期営業利益2.5倍も材料出尽くし感強まる
ヤマトが反発、上期業績は営業利益が計画上振れ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »