株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

さくらネットの9月中間期営業利益は減益予想から一転して47%増益で着地 10月27日16時03分

 さくらインターネット<3778.T>がこの日の取引終了後、第2四半期累計(4~9月)連結決算を発表しており、売上高106億9500万円(前年同期比3.5%増)、営業利益6億100万円(同47.5%増)、純利益3億2600万円(同84.5%増)と、従来予想の営業利益2億6000万円を上回り、減益予想から一転して増益で着地した。

 ハウジングサービスの微減傾向や専用サーバサービスの伸び悩みなどがあった一方、新型コロナウイルス感染症対策をきっかけとしたリモートワークやオンラインビジネスの伸長により、クラウドサービスやレンタルサーバサービスなどのサブスクリプション型のクラウド系サービスが順調に推移し業績を牽引した。また、サービス用機材の投資時期の見極めや、リモートワーク前提の働き方に変更したことによる旅費交通費やイベント自粛に伴う広告宣伝活動費用などの減少も利益を押し上げた。

 なお、21年3月期通期業績予想は、売上高234億円(前期比6.8%増)、営業利益7億4000万円(同21.2%減)、純利益3億5000万円(同2.2倍)の従来見通しを据え置いている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
四国化が21年3月期業績予想を上方修正
山パンが20年12月期業績予想を下方修正
東京株式(大引け)=8円安、米株急落受けリスク回避売りも後半下げ渋る


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »