株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

両毛システムの9月中間期業績は計画を上振れて着地 10月27日16時20分

 両毛システムズ<9691.T>がこの日の取引終了後、集計中の第2四半期累計(4~9月)連結業績について、売上高が69億円から71億9000万円(前年同期比10.3%減)へ、営業利益が2億円から4億3900万円(同34.1%減)へ、純利益が1億3100万円から2億9200万円(同33.5%減)へ上振れて着地したようだと発表した。

 公共事業セグメントで、コロナ禍の影響による臨時的なアウトソーシング業務やシステム機器・プロダクト関連販売が発生したことなどが要因という。また、リモートワークの推進による生産性の向上などで収益構造が改善したことに加えて広告宣伝費など経費の執行見直しを行ったことも寄与した。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
弁護士COM、NTTDインと互いのサービスをプロダクト連携◇
早稲アカの9月中間期業績は計画上振れで着地
欧米(27日)の注目経済指標=米耐久財受注など


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »