株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

個別銘柄戦略:ビューティガレージや積水化学などに注目 10月28日09時23分

27日の米国市場では、NYダウが222.19ドル安の27463.19と下げたが、ナスダック総合指数は72.41pt高の11431.35と堅調。シカゴ日経225先物は大阪日中比85円安の23405。
28日早朝の為替は1ドル=104円40-50銭(昨日大引け時は104.74円付近)。本日の東京市場では、米ナスダック高からソフトバンクG<9984>の堅調が予想され、任天堂<7974>
も続伸が期待できよう。昨日大引け後に9月中間期の連結経常利益を50億円から73億円に上方修正した日本化薬<4272>や、連結経常利益を25億円から54億7000万円に上方修正した池田泉州<8714>など好業績銘柄の個別物色も活発化しよう。反面、円高を悪材料にトヨタ<7203>、ホンダ<7267>、三菱UFJ<8306>などの値下がりが予想される。昨日大引け後に2021年3月期の最終赤字が5100億円になる見通しを発表したANA<9202>も悪材料出尽くし感は乏しく、一段安が警戒される。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げなどが観測されたビューティガレージ<3180>、積水化学<4204>、OLC<4661>、オービック<4684>、三井金属<5706>、日本電産<6594>、ルネサスエレクトロニクス<6723>、スタンレー電気<6923>、日産自<7201>、パンパシHD<7532>、朝日インテック<7747>、キヤノン<7751>、KADOKAWA<9468>などに注目。

<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »