株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

アドバンテス---200日線を支持線とした底堅さ 10月30日08時46分

7月末にマドを空けての急落以降はボトム圏でのこう着が続いている。ただし、5000円処を支持線としたもち合いが続く中、直近のリバウンド以降は横ばい推移する200日線を支持線とした5500円辺りでの底堅さが意識されている。一目均衡表では雲の中での推移で強弱感が対立しやすいが、遅行スパンは上方シグナルを発生させており、雲上限を意識したスタンスに。

<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »