株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

LINEの独自仮想通貨「LINK」、20年4月以降に日本での取り扱いを予定【フィスコ・アルトコインニュース】  1月31日11時29分

スマホ向けメッセンジーアプリ「LINE」を運営するLINE<3938>は30日、同社のグループ会社で暗号資産(仮想通貨)事業やブロックチェーン関連事業を展開するLVCが、LINEの独自仮想通貨「LINK」を、2020年4月以降に日本国内での取り扱いを予定していると発表した。

「LINK」は、両社の傘下であるLINE TECH PLUS PTE. LTD.(シンガポール、以下「LTP」)が発行する独自仮想通貨。LINEは2018年7月より、海外向けの仮想通貨取引所「BITBOX(ビットボックス)」の運営を本格的に開始した。ビットボックスでは、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)など約30種類の仮想通貨を取り扱うほか、同年10月16日より独自通貨「LINK」の取り扱いを開始している。

ビットボックスは、日本とアメリカが対象外となっており、LVCは日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)が定める新規通貨取り扱いプロセスに則り、「LINK」における日本国内での取り扱いを準備してきたという。

今回の発表で、LVCでは、「LINK」の新規取り扱いに向け、システム開発の準備に着手したとしている。「LINK」の取り扱いは2020年4月以降を予定しているが、正確な日程が確定した際には改めて発表すると伝えている。




<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「アルトコインニュース」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »