株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は続伸、主力銘柄が総じて強含み、AIinsideはストップ高  2月13日16時38分

 本日のマザーズ指数は続伸となった。東京市場寄り付き前に中国湖北省での新型肺炎感染症例の急増が報じられたものの、本日のマザーズ市場は前日の米株高や円安基調を背景に朝方から買いが先行してスタートした。東証1部では、本日から明日にかけて集中する企業決算を見極めたいとするムードが強まるなか、足元で出遅れ感の意識されていたマザーズ銘柄には個人主体の短期資金が向かう展開になった。物色としても、主力級のマザーズ時価総額上位銘柄が総じて強含んだほか、直近IPO銘柄や決算発表を受けた個別物色も活発であった。なお、売買代金は概算で903.77億円。騰落数は、値上がり148銘柄、値下がり156銘柄、変わらず9銘柄となった。
 値上がり率上位銘柄では、今期業績予想の上方修正を発表したAIinside<4488>がストップ高水準まで買い進まれたほか、第1四半期決算を発表したHENNGE<4475>や19年12月分の主要旅行業者の旅行取扱状況速報を発表した旅工房<6548>がそれに続いて大幅高に。売買代金上位銘柄では、メルカリ<4385>、JTOWER<4485>、JIG-SAW<3914>、JIA<
7172>、フリー<4478>、弁護士ドットコム<6027>、あんしん保証<7183>が上昇。一方で、足元で「ドラゴンクエストタクト」を材料に関心の続いたAiming<3911>が14%安になったほか、そーせい<4565>、Amazia<4424>、サイバー・バズ<7069>、ユーザベース<3966>、UUUM<3990>はさえない。


<SK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »