株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

新型コロナウイルスの感染者数大幅増でリスク回避的な取引が再び拡大する可能性も  2月13日15時09分

 報道によると、新型コロナウイルスの流行の終息時期について、WHO(世界保健機関)は「現時点では見通せない」との見方を示した。WHOのテドロス事務局長は「中国における新たな感染者数は安定しつつあるが、慎重に見なくてはいけない」との見方を伝えている。新型コロナウイルスの感染拡大については、中国の一部専門家が「4月にも終息する」と予測しているようだが、WHOはこのような見方には否定的であり、
「現段階でピークを迎えたのかどうかの判断や終息する時期を予測するのは困難」との見方を伝えている。

 市場関係者の間からは、「新たな感染者数(増加ペース)が2月中に大幅に低下することは期待できないが、現時点での累計の感染者数は想定を下回っている」との声が聞かれている。ただし、一部では「日本国内における感染者数の増加は無視できず、今後の動向を慎重に見極めることが必要」、「リスク回避的な取引が再び拡大する可能性は残されている」との見方も出ている。


<MK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »