株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

新興市場銘柄ダイジェスト:ナガオカは急騰、Vデザインがストップ高  2月14日17時54分

<4487> スペースマーケッ 1496 +190
急騰。20年12月期の営業損益予想を前期比417.8%増の2.27億円の黒字と発表している。月間利用スペース数の増加によるGMV(総流通額)の継続した成長を実現する。同時に発表した19年12月期の営業損益は0.43億円の黒字(前期実績2.68億円の赤字)で着地した。プロダクト改善やマーケティング活動、イベント管理・集金決済ができる新サービスのリリースなどが奏功した。

<3960> Vデザイン 3120 +504
ストップ高、19年3月28日に記録した昨年来高値を更新した。20年6月期第2四半期累計の営業利益を前年同期比73.6%増の0.52億円と発表している。ハウスプリペイドカード事業でスーパーマーケットやホームセンターなどでのプリペイド利用が好調だったことに加え、ハウスプリペイドやQR等コード決済用の新型端末なども伸びた。通期予想は0.53億円で、進捗率は98.1%に達している。

<6239> ナガオカ 1432 +134
急騰。北米で新設のプロピレン・プラントの建設案件があり、スクリーン・インターナルの大口受注があったと発表している。受注金額は約9億円、契約納期は21年4月。20年6月期第2四半期累計(19年7-12月)の営業利益はエネルギー関連事業が伸長し、前年同期比201.8%増の6.77億円で着地した。通期予想は前期比71.5%増の8.48億円で据え置いた。進捗率は79.8%。

<4565> SOSEI 2012 -11
急落後プラス転換も引き間際にマイナス転換。19年12月期の営業損益を3.84億円の黒字(前期は9カ月決算で57.34億円の赤字)と発表している。マイルストンに関する収益の増加に加え、新規提携による契約一時金及びロイヤリティの受領があった。研究開発費の減少も黒字転換に寄与した。20年12月期の業績は19年12月期と近いものになる見通しとしているが、具体的な金額は公表していない。

<2981> ランディックス 2539 -47
朝高後マイナス転換。20年3月期の年間配当を従来予想の42.30円から48.00円(記念配当5.00円含む。前期実績16.00円)に増額修正。東証マザーズ上場の記念配当を実施する。東証本則市場への変更申請に向けた準備を開始。第3四半期累計の営業利益は7.89億円で着地した。前年同期比増減率は非開示。オーダーメイド住宅マッチングサイトの会員数が増加した。通期予想は10.03億円で据え置いた。

<2702> マクドナルド 5250 +40
大幅続伸。20年12月期の営業利益予想を前期比3.5%増の290.00億円と発表。顧客の利便性を向上し、未来型店舗体験やデリバリー、新規出店と改装、デジタル対応を含む店舗への投資などを強化。19年12月期の営業利益は11.9%増の280.18億円で着地した。既存店売上高が4.5%増となり、店舗当たりの平均月商は上場以来最高を更新した。年間配当を33.00円(前期実績30.00円)に増額する。

<2488> 日本サード 1038 -47
朝高後マイナス転換。20年3月期の営業利益を従来予想の3.65億円から4.19億円(前期実績2.38億円)に上方修正。ICTソリューションセグメント、教育ソリューションセグメント、西日本ソリューションセグメントで想定よりも利益率の高い業務を受託。同期の年間配当は従来予想の21.00円から25.00円(前期実績20.00円)に増額修正した。

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »