株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は3日ぶり反落、利益確定が優勢、gbHDがストップ安  2月14日16時42分

 本日のマザーズ指数は3日ぶり反落となった。前日の米国株式市場は、新型肺炎感染拡大の勢いが弱まりつつあるとの楽観ムードが後退したことで主要3指数は揃って反落。日本でも神奈川県で国内初の死者が出たことから、個人投資家の間でも懸念が広がり、マザーズ市場にも朝方から売りが先行。週末要因から積極的な押し目買いもみられず、直近2日間で上昇していたことも相まって、利益確定の動きが終日優勢であった。物色としても、決算後の個別物色のほかは、時価総額上位銘柄への売りが目立った。なお、マザーズ指数は3日ぶりの反落、売買代金は概算で859.62億円。騰落数は、値上がり66銘柄、値下がり238銘柄、変わらず8銘柄となった。
 値下がり率上位銘柄では、業績予想の下方修正を発表したgbHD<6557>がストップ安になったほか、前日の減益決算が嫌気されたグッドスピード<7676>やJMC<5704>がそれに続いて大幅安に。売買代金上位銘柄では、Aiming<3911>、ジモティー<7082>、そーせい<4565>、ラクス<3923>、メドピア<6095>、GNI<2160>、JTOWER<4485>がさえない。
一方で、前日に発表した20年9月期第1四半期決算で黒字転換を果たしたイグニス<3689>がストップ高になり、20年12月期の大幅増収増益見通しが好感されたスペースマーケット<4487>が14%高になったほか、メルカリ<4385>、AIinside<4488>、モブキャスト<
3664>などは上昇した。


<SK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »