株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ナレッジSの第1四半期営業利益は2.2倍  2月14日16時25分

 ナレッジスイート<3999.T>がこの日の取引終了後、第1四半期(19年10~12月)連結決算を発表しており、売上高5億4300万円(前年同期比横ばい)、営業利益7000万円(同2.2倍)、純利益7800万円(同6.6倍)となった。

 前期第3四半期発生の大規模障害の影響が終息し、サブスク契約数が増加基調にあることでクラウドサービス事業が伸長したほか、慢性的なIT人材不足を背景に安定的な稼働人員を維持したシステムエンジニアリング事業が好調に推移した。

 なお、20年9月期通期業績予想はIFRSを任意適用するため、前期との比較はないが、売上高23億1100万円、営業利益1900万円、純利益2700万円を見込んでいる。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
CACの20年12月期は52%営業増益で10円増配を予想
SREHDが20年3月期業績予想を上方修正
Amaziaが3月末基準日に1株を2株に株式分割


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »