株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

リクルートの第3四半期営業利益は10%増  2月14日16時38分

 リクルートホールディングス<6098.T>がこの日の取引終了後、第3四半期累計(19年4~12月)連結決算を発表しており、売上高1兆8097億円(前年同期比4.6%増)、営業利益2122億7100万円(同10.5%増)、純利益1665億3400万円(同14.0%増)となった。

 企業クライアントの有料求人広告利用に対する需要増加を背景に、「Indeed(インディード)」などHRテクノロジー事業が好調に推移した。また、「SUUMO」「じゃらん」「HotPepper Beauty」などの寄与でメディア&ソリューション事業も伸長し、人材派遣事業の苦戦をカバーした。

 なお、20年3月期通期業績予想は、増収増益を見込むとし、調整後EBITDA予想を従来予想の3100億~3300億円から3200億円(第3四半期累計2698億9300万円)としている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
14日の主なマーケットイベント
14日中国・上海総合指数=終値2917.0077(+10.9342)
<個人投資家の予想> 02月14日 16時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »