株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=ぴあ、「ぴあアリーナMM」開業も追い風  2月14日10時00分

 ぴあ<4337.T>に注目したい。同社はチケット販売首位で、さまざまなジャンルの興行イベントの主催・企画から運営まで手掛ける。株価は年初から調整色を強めているが、時価4300円近辺は逆張りの好機といえる。

 今月13日に開示された19年10~12月期業績は、売上高396億4000万円(前年同期比3.1%減)、営業損益は5400万円の損失(前期実績は3億2400万円の黒字)と赤字に転落したが、ここで底入れとなりそうだ。足もとは音楽ジャンルを中心に大規模興行の取り扱い減少や、新規事業の立ち上げなどの費用増が業績を圧迫しているが、東京五輪の開催を控え、首都圏のイベント会場不足が顕著となるなか、今春には横浜市に収容1万人規模の「ぴあアリーナMM」の開業を予定していることは大きなポジティブ材料となる。

 20年3月期下期を境に業績回復が見込まれ、株価は目先5000円台復帰を目指す展開となろう。(れい)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
スクリーン、アドバンテなど底堅い、半導体製造装置市場の回復期待が追い風◇
三桜工が大幅反落、20年3月期営業利益予想を上方修正も材料出尽くし感
サニックス急反発、SE事業など堅調で20年3月期業績予想を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »