株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=リンクユー、マンガアプリ好調が業績を牽引  2月19日10時02分

 Link-U<4446.T>は、1月16日につけた昨年来高値2478円更新を目指す動きが期待できる。

 同社は、自社設計のオリジナルサーバーを基軸としたデータ配信と、そのデータを適切に蓄積・分析・処理する人工知能(AI)ソリューションをワンストップで提供するサーバープラットフォームビジネスを展開している。現在の主力はマンガ配信で、小学館の「マンガワン」やスクウェア・エニックスの「マンガUP!」、集英社の「ゼブラック」などを手掛けている。

 会社側では20年7月期を投資フェーズと位置づけ、複数の新しい事業領域への進出や大型案件獲得を目指しているが、既に、昨年12月から集英社とマンガアプリ「ゼブラック」を配信するなど順調に進捗。一方でNHK出版と語学学習アプリの共同開発・運営をスタートさせている。また、今年5月からはファイブスター投信に対してビッグデータの解析結果の提供を行う新事業も開始する予定で、収益基盤の拡大が期待できる。

 昨年12月に発表した第1四半期(8~10月)では、マンガアプリが好調で、レベニューシェアとサブスクリプションで構成されるリカーリング売り上げが伸長したほか、初期開発・保守開発収益が寄与し、営業利益5900万円と計画を上振れた。通期計画も上振れの可能性が大きい。(温羅)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
郵船、商船三井など上値指向、中国景気対策とバルチック大底入れ気配で切り返し◇
ツヴァイが堅調、投資有価証券売却益計上などで20年2月期最終損益予想を上方修正
SMNが9日ぶり反発、記念株主優待を実施へ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »