株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東証大引け 3日ぶり反落、景気懸念や連休前で売り 円安は支え  2月21日15時21分

 21日の東京株式市場で日経平均株価は3日ぶりに反落し、終値は前日比92円41銭(0.39%)安の2万3386円74銭だった。新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、国内景気や企業業績の悪化を意識した売りがやや優勢だった。アジアの主要株価指数が総じて軟調に推移したことも重荷となった。3連休を控えた週末とあって午後は買い持ち高の整理に伴う売り圧力も強まり、取引終了間際に日経平均は下げ幅を100円超まで拡大する場面があった。

 外国為替市場で円相場が一時1ドル=112円台に下落するなど、急速な円安・ドル高の進行は株式相場全体を下支えした。輸出企業の業績悪化懸念を和らげたほか、短期マネーによる株価指数先物への買い戻しも誘い、日経平均は朝方に上げ幅を100円超まで拡大した。ただ、市場の一部では「足元の円相場の急落は国内景気の減速を意識した円売りという可能性は否めない」(国内証券の情報担当者)との指摘も聞かれ、買いの勢いは続かなかった。

 JPX日経インデックス400は3日ぶりに反落した。終値は前日比13.10ポイント(0.09%)安の1万5024.00だった。東証株価指数(TOPIX)も3営業日ぶりに反落し、0.48ポイント(0.03%)安の1674.00で終えた。

 日経平均をTOPIXで割って算出するNT倍率は前日に14倍台と約28年ぶりの高水準に達していた。相対的にTOPIXの割安感が強まっていたため「日経平均先物買い・TOPIX先物売り」のポジションの解消に伴う反対売買が出たとの見方もあり、TOPIXの下落率は限られた。

 東証1部の売買代金は概算で2兆968億円、売買高は11億5539万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1094、値上がりは946、変わらずは120銘柄だった。

 ファストリや東エレク、ファナックが下落した。テルモやリクルート、キッコマンも下げた。半面、ソフトバンクグループ(SBG)や中外薬、ファミマは上昇した。KDDIやトヨタ、東京海上も上げた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »