株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

警視庁、不正流出のネムを取引した2人を逮捕【フィスコ・アルトコインニュース】  3月16日13時19分

11日、警視庁は2人の男性を「仮想通貨ネム(XEM)を他の仮想通貨へ不正に交換」した容疑で逮捕した。日経新聞が報じた。

容疑者の2人は2018年2月から3月にかけて、仮想通貨取引所コインチェックから盗難されたネムだと承知していたにも関わらず、ネット上で匿名性を確保して違法な取引などが行われる闇サイト上で約2400万XEMを盗難者から受け取り、他の仮想通貨と交換したと見られている。

コインチェックからのネム不正流出事件は2018年1月26日に発生し、当時約580億円(約5.4億ドル)相当の仮想通貨ネムが盗難されていた。今回逮捕された2人が盗難者から得たネムの量は、盗難に遭った資産全体の約5%に相当するという。約2400万XEM は、2018年1月26日の流出当時のレートではおよそ23億円となる。容疑者の2人は、受け取ったネムを仮想通貨取引所でビットコインなど他の仮想通貨と交換することで数億円規模の差益を得た可能性があると報じられている。

警視庁ではまだネムを流出させた人物の特定には至っていないものの、盗難に遭ったネムの交換に応じた人物が他にも存在するとみて引き続き調査する構えだ。



<SI>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「アルトコインニュース」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »