株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

コインチェック、仮想通貨ネムの「Symbol」移行への対応を検討【フィスコ・アルトコインニュース】  3月19日11時28分

日本の大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェックは18日、仮想通貨ネム(NEM)の「Symbol(XYM)」への移行について、対応方針を検討していると発表した。

仮想通貨ネムは、セキュリティの強化や処理速度の高度化などを目的に、2020年第2四半期(4~6月)に新しいブロックチェーン「Symbol(シンボル)」への移行が予定されている。国内でネムの現物取引を取り扱っている仮想通貨取引所には他にザイフ、GMOコインがあるが、いずれもSymbolへの対応や検討を行うと発表している。

コインチェックはこの件に関して、「顧客の利益を最優先に考えた対応方針を検討している」とした上で、対応方針について詳細が決定したら、改めて発表すると伝えている。




<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「アルトコインニュース」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »