株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は319円高でスタート、東エレクやファーストリテなどが上昇  3月24日09時28分

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;17206.88;+319.10TOPIX;1311.83;+19.82

[寄り付き概況]

 24日の日経平均は前日比319.10円高の17206.88円と大幅に続伸で取引を開始した。23日の米国株式相場は続落。FRBが量的緩和を無制限に実施する意向を表明したことが評価される一方で、大規模経済支援策を巡る共和党と民主党の話し合いが難航していることが嫌気された格好。シカゴ日経225先物清算値は大阪比305円高の17255円。円相場は1ドル110円80銭台で推移している。本日の日経平均は大幅続伸スタートとなった。その後上げ幅が800円超となる場面もみられている。

 業種別では、石油・石炭製品、鉱業、不動産業などが上昇率上位で推移。売買代金上位では、東エレク<8035>、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、ダイキン工業<6367>、アステラス製薬<4503>、ホンダ<7267>、信越化<4063>などがプラスで推移。一方、ソフトバンク<9434>、日本電産<6594>、武田薬<4502>などがマイナスで推移している。


<US>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »