株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

無制限量的緩和策はドル安要因か  3月25日11時25分

 24日の米国株式は大幅高となった。米連邦準備制度理事会(FRB)による無制限の量的緩和策や米国の大規模な経済対策への期待が広がっていることが株高の原動力となったが、将来的にインフレ進行の可能性があるとの見方も出ており、金先物も大幅高となった。市場関係者の間では、米国株式の早期安定化への期待が広がっているが、ウイルス感染の拡大に対する警戒感は消えていないことから、米国株式が再び乱高下する可能性は残されているとみられる。

 為替については、「米国政府による大規模経済対策への期待でドル高・円安が進行する」との声が聞かれているが、ドル資金不足はある程度解消されていること、無制限量的緩和策はドル安要因との見方が出ていることから、一部では「ドル・円が112円をしっかりと超えて一段高となるような相場展開にはならない」との意見も聞かれている。米長期金利の上昇は当面抑制される可能性は高いとみられていることから、ドル・円については110円を挟んだ水準で推移する可能性もあるとみられる。


<MK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »