株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=新田ゼラチン、グミやコンビニ総菜用など好調で今期業績は上振れへ  3月25日10時01分

 新田ゼラチン<4977.T>は、PBR0.6倍と調整が行き過ぎた水準にあるが、20年3月期業績の上振れ期待を背景に大幅な水準訂正が期待できよう。

 2月10日に発表した第3四半期(19年4~12月)連結決算で、営業利益は13億9300万円(前年同期比2.7倍)だった。国内でグミキャンディー市場が引き続き堅調に推移したことで、製菓用途が伸長したほか、コンビニエンスストア向け総菜用途の売り上げも増加した。また、美容サプリメント用途で、コラーゲンペプチド製品も堅調に推移した。

 一方、海外でもグミキャンディー市場向けが伸長したほか、コラーゲンペプチド製品も堅調だった。更に、19年3月期に原料が急騰したフィッシュコラーゲンの価格転嫁が進んでいることも、利益率の改善に貢献した。

 第3四半期決算の発表と同時に20年3月期の営業利益予想を14億円から15億円(前期比67.0%増)へ上方修正したが、コンビニ向けやグミ向けなど食品用の堅調や、サプリメント用の安定成長から18億円程度への上振れを見込む調査機関もある。また、来期も増益基調が継続しそうだ。(仁)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ヤマダ電が大幅反発、ナック子会社レオハウスの全株取得で基本合意◇
イオン九州が一時23%高、販売施策強化が奏功し20年2月期業績は計画上振れ
Hameeが続急騰、27万株を上限とする自社株買いを実施へ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »