株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

25日のNY市場はまちまち  3月26日06時30分

[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;21200.55;+495.64
Nasdaq;7384.30;-33.56
CME225;18950;-290(大証比)

[NY市場データ]

25日のNY市場はまちまち。ダウ平均は495.64ドル高の21200.55ドル、ナスダックは33.56ポイント安の7384.30ポイントで取引を終了した。トランプ政権と上院が2兆ドル規模の経済救済策で合意に達し、買いが先行した。ただ、景気後退は避けられないほか、どの程度速やかに救済資金が消費者や企業に供給されるかなどに不透明感もあり、一時下落に転じる局面もあった。法案の文言訂正などで採決が遅れており、引けにかけて上げ幅を急速に縮小し、ナスダックは下落に転じた。セクター別では耐久消費財・アパレル、資本財が大きく上昇。一方で、食品・生活必需品小売りが唯一の下落となった。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比290円安の18950円。ADRの日本株はHOYA<7741>、ANA<9202>、キリン<2503>がしっかりな他は、トヨタ<7203>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテイリング<9983>、任天堂<7974>、キヤノン
<7751>、富士フイルム<4901>、ブリヂストン<5108>、セコム<9735>、富士通<6702>、TDK<6762>、日東電<6988>など、対東証比較(1ドル111.26円換算)で全般軟調。

<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「NY市場・クローズ」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »