株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東証大引け 大幅反落、882円安 外出自粛の広がりで消費動向を警戒  3月26日15時34分

 26日の東京株式市場で日経平均株価は大幅反落し、前日比882円03銭(4.51%)安い1万8664円60銭で終えた。新型コロナウイルスの感染者数の増加を受け、東京都は週末の外出自粛などを要請した。隣接する県でも同様の動きが広がりつつあり、先行きの消費動向を警戒した海外勢などの先物売りが優勢だった。

 神奈川県や埼玉県でも週末の外出自粛を求めるとの報道が伝わるなか、大引けにかけては先物主導で一段安となり、下げ幅は一時1000円を超えた。日経平均は25日までの3営業日で3000円近く上昇しており、戻り売りなどが出やすい面もあった。

 新型コロナに対する日本の経済対策について、所得水準などにより現金給付の対象を絞ると伝わった。市場では「内容が不十分」との見方もあり、買いの手控え要因になった。

 前場の東証株価指数(TOPIX)などが大幅安となったことで、後場には日銀の株価指数連動型上場投資信託(ETF)の買い入れ期待が高まり、日経平均は下げ幅を縮小する場面もあった。
 
 JPX日経インデックス400は大幅反落。終値は前日比262.02ポイント(2.05%)安の1万2526.19だった。東証株価指数(TOPIX)も大幅反落し25.30ポイント(1.78%)安の1399.32で終えた。

 東証1部の売買代金は概算で3兆3049億円。売買高は20億4967万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1226銘柄だった。値上がりは897、変わらずは45銘柄だった。

 丸紅、ソフトバンクグループ(SGB)が大幅安。値がさ株のファストリも大幅安。日本製鉄、住友不、OLCも下落した。一方で、ニプロ、ユニチャーム、NTTなどは逆行高となった。伊藤園や山パン、森永乳などの食料品株や王子HDにも買いが入った。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »