株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=ライフコーポ、既存店売上高が計画大幅に上回り推移  5月20日10時03分

 ライフコーポレーション<8194.T>が再騰機運を高めている。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛要請で、家庭内における食事需要が高まりスーパーの存在感が増している。同社の21年2月期業績予想も上方修正が期待できる。

 同社の足もとの既存店売上高は、3月が前年同月比6.9%増、4月が同15.0%増で推移しており、会社側の今期想定0.9%増を大きく上回っている。新型コロナの影響がいつまで続くかは不透明だが、仮に第1四半期(3~5月)で終了したとしても、第2四半期(6~8月)以降は前年の天候不順や消費税増税の反動が期待でき、引き続き売り上げは堅調に推移しよう。

 また、今期は上期に畜産、下期に総菜加工センターが段階的に稼働予定であることから、前期に続いて粗利益率改善効果も見込まれ、21年2月期の営業利益予想148億円(前期比6.6%増)は上方修正の可能性が高い。調査機関によっては190億円前後を見込むところもあり、好業績期待が株価上昇を後押ししよう。(仁)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ダイトーケミは続急落、きょうから東証が信用規制実施
北日紡が新値追い、6月5日を基準日として1株を7株に株式分割へ
タカラトミー反落、年末年始商戦に勢いみられず20年3月期は26%営業減益


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »