株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=社宅サービス、4~6月期業績が「大底」に  6月26日10時02分

 日本社宅サービス<8945.T>に注目したい。株価は13週と26週移動平均線がゴールデンクロスを示現しており、投資妙味が増している。

 同社は社宅管理事務代行と施設総合管理事業が収益の2本柱。24日に20年6月期連結営業利益予想を従来の10億5500万円から8億2700万円(前期比13.4%減)へ下方修正を発表。新型コロナウイルス感染拡大の影響により新規顧客受注が停止したほか、管理組合の総会や理事会の開催中止・延期に伴いリプレイスや修繕工事に時期ずれが発生していることなどが要因。ただ、5月末の緊急事態宣言の全面解除を受けて経済活動は再開されており、4~6月期が業績の大底となることが見込まれる。21年6月期業績は急回復が見込めよう。

 更に、20年6月期からの配当性向4割以上という方針のもと、今期配当予想を前期実績に対して6円増の28円としたことや、21年6月末時点の株主への優待制度を拡充するなど、株主還元を積極化している点も評価できる。(れい)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東エレクは4カ月半ぶり上場来高値、5Gなど追い風に半導体市況回復への期待根強い◇
アジャイルが続急落、東証がきょうから信用規制
YSフードが31%高、第1四半期決算に固定資産売却益を計上へ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »