株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

米銀の株主還元策の制限など外部環境の悪化を嫌気  6月29日12時28分

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;22214.69;-297.39TOPIX;1558.44;-18.93

[後場の投資戦略]

 本日の日経平均は、投資家のリスクセンチメントの低下による反落が予想されていたことで新規の買いを入れにくく、寄り付き後も軟調な展開が続いている。国内では政府による行政のデジタル化や5G関連への700億円支援など好材料が報じられているものの個別銘柄への影響は限定的なものとなっている。なお、コロナ第2波への警戒感はあるものの、地方では都心ほどの緊迫感は無く、北海道の旅行補助の「どうみん割」はネットや電話がつながらないほどの人気となっており、地方経済の早期回復が期待されている。そのほか、中国の中国医薬集団がコロナワクチン臨床試験で安全性と中和抗体生成を確認したとのニュースが伝わっており、このことが市場の下支え要因となることを期待したい。

 一方、新興市場は、アマゾンの自動運転本格参入のニュースで、フィーチャ<4052>
が大幅高となっており、時価総額上位のAI inside<4488>も電子化関連銘柄の一角として物色されているようだ。後場はこれらの銘柄が新興市場をけん引することを期待したい。そのほか、日銀のETF(上場投資信託)買いへの思惑から主力株も後場はやや持ち直すことを期待したい。


<AK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »