株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

個別銘柄戦略:テルモやSOMPOに注目  7月01日09時12分

6月30日の米国市場では、NYダウが217.08ドル高の25812.88、ナスダック総合指数が184.61pt高の10058.77、シカゴ日経225先物が大阪日中比55円高の22285。7月1日早朝の為替は1ドル=107円90-00銭(昨日大引け時は107.73円付近)。本日の東京市場では、円相場の軟化や4-6月期末通過による海外勢のリバランス売り終了観測からソニー<6758>、任天堂<7974>、トヨタ<7203>など大型輸出株の買いが予想されるほか、直近急落したキヤノン<7751>も値を戻していこう。ただ、新型コロナウイルス感染者数が日米で増加傾向にあるため、JAL<9201>、ANA<9202>には引き続き売りが予想され、石油需要低迷の長期化観測からENEOSホールディングス<5020>、出光興産<5019>など石油株の下落が警戒される。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測された日本ゼオン<4205>、テルモ<4543>、日本マイクロニクス<6871>、日東電工<6988>、SOMPO<8630>、MS&AD<8725>などに注目。

<US>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »