株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

富士通やアンリツなどの決算評価がハイテク株への支援材料に  7月31日08時39分

 31日の日本株市場は、売り優勢の相場展開になりそうだ。30日の米国市場はNYダウが225ドル安となる一方で、ナスダックは上昇した。商務省が発表した4−6月期の国内総生産(GDP)速報値が過去最大の落ち込みとなったほか、週次失業保険申請数も2週連続で増加したため回復ペースの鈍化懸念が高まった。ただし、決算評価の動きもみられており、ハイテク株が引けにかけて買われる場面もみられている。シカゴ日経225先物清算値は大阪比90円安の22230円。円相場は1ドル104円70銭台で推移している。

 シカゴ先物先物にサヤ寄せする格好からやや売り優勢の展開になりそうである。シカゴ先物は一時22000円を割り込む場面がみられたが、引けにかけては下げ幅を縮めている。日経225先物においてもナイトセッションで割り込んだが、その後は下げ幅を縮めていることもあり、目先的にはいったん底打ちも意識されやすいところ。もち合いレンジの想定される下限レベルまで下げたこともあり、押し目拾いの流れに向かうかを見極めたいところであろう。

 もっとも、目先底が意識されたとしても、レンジ上限を意識したトレンドは期待しづらいところ。決算発表が本格化している中では積極的な売買は手控えられやすく、決算を手掛かりとした物色が中心になりやすい。昨日はエムスリーが<2413>が決算評価から終日堅調な値動きをみせていた。昨日の大引け後に発表した決算では、富士通<
6702>、アンリツ<6754>辺りに決算評価の動きがみられるようだと、ハイテク株の支援材料となり、日経平均を下支え役になりやすいところ。

 また、ハイテクの戻りの鈍さが意識されてくるようだと、グロース株への利益確定が意識されてきやすい。しかし、新型コロナウイルス感染症拡大による世界経済への影響が警戒されやすく、バリュー株へのシフトも考えづらくなっている。こう着感が強まる中、個人主体による決算を手掛かりとした中小型株などの日替わり的な物色に向かわせそうである。なお、テクニカル面では日経平均は25日線や5日線が重石となるほか、一目均衡表では転換線、基準線に抑えられ、遅行スパンについては下方シグナルを発生しつつある。神経質な相場展開になりそうだ。


<AK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »