株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

株価指数先物 【週間展望】 -10月の解散・総選挙を意識したロングスタンス  9月13日17時00分


「10月の解散・総選挙を意識したロングスタンス」

―海外勢によるアンダーウエイトのポジションに変化がみられるか―

 今週の日経225先物は強含みの展開を想定しておきたい。不安要因としては、米国市場でテクノロジー株の不安定な値動きが続いているほか、米中関係の緊張が重荷となる。ティックトックの米国事業を巡っては、中国政府が強制売却されるよりは閉鎖を望んでいるとの関係筋の話が伝わる一方で、ティックトックを傘下に収めるバイトダンスは15日の売却合意期限までに事業売却案を提出する計画を進めているとも報じられており、売却の行方を見極めたいところである。米中関係への懸念が高まる場面においては、短期筋の売り仕掛け的な動きが警戒されよう。

 しかし国内要因としては、新政権に対する期待が支援材料となるだろう。先週の先物オプション特別清算指数算出(メジャーSQ)を差し引き買い越しといった形でこなし、SQ値(2万3272.88円)も抵抗とはならずに前場の速い段階で突破していた。また、先週は米テクノロジー株の急落などの影響を受けて下押す場面もみられ、一時的に権利行使価格の2万2875円レベルまで下げたが、2万3000円レベルでの底堅さが確認されている。テクノロジー株が不安定となる半面、バリュー株への物色が意識されており、循環物色もみられていた。

 12月限に切り替わり、9月限とのスプレットが170円程度あったが、寄り付き直後に2万2990円を付けた後は2万3000円を上回っての推移が続いていた。12月限は9月末の配当落ち分を想定した価格であるため、現物市場においても2万3000円レベルでの底堅さがより意識されよう。

 米国は前述のように米中対立が警戒されるほか、大統領選まで2カ月を切ってきているため、テクノロジー株への利食いが意識される一方で、バリューシフトに向かいやすいだろう。そのため、政策期待が高まる日本市場への資金シフトも期待できそうだ。

 9月第1週(8月31日~9月4日)の投資部門別売買動向で海外投資家は、現物株は小幅な買い越しだったが、一方で先物、特にTOPIX先物の売り越しが顕著となった。海外投資家はこの週の最大の売り手であった。先週はメジャーSQだったことから限月交代に伴うロールオーバーが中心だったとはいえ、2万3000円での底堅い動きから週末にはレンジ上限を窺う強さをみせており、アンダーウエイトしている海外勢によるショートカバーも意識されてくる。先週末の手口ではクレディスイスがTOPIX先物を1400枚程度買い越していた。クレディスイスといえばCTA運用ファンド経由のオーダーとみられており、ショートカバーの動きとみられる。

 自民党総裁選は14日に投開票される。菅官房長官が圧倒的に優位である情勢は変わっておらず、アベノミクスの基本政策は継続される。世論調査でもトップに立っており、支持率が高水準を保つうちに衆院解散・総選挙に踏み切る可能性が高まってきている。河野防衛相が衆院解散・総選挙の時期について発言するなど外堀を埋める動きもみられる。10月解散・総選挙を巡る思惑の高まりに伴い、補正や経済対策への期待感も強まるとみられ、海外勢によるアンダーウエイトのポジションに変化が表れてくる可能性がありそうだ。

 もっとも、4連休を控えているため、週末に向けては積極的なポジションは取りづらくなる。そのため、日経225先物は2万3000円を底にリバウンドを想定するものの、今週については上値のメドは直近の保ち合いレンジ上限である2万3500円にとどまりそうだ。リバウンド場面では短期筋の売り仕掛けも出やすいだろうが、スタンスとしては押し目狙いのロングスタンスとなる。また、バリュー株への物色が意識されており、TOPIX先物に比重を置いたNTショートは継続するものの、ティックトックの米国事業売却などを巡ってテクノロジー株に反転の兆しがみられるようであれば、日経225先物でのロング対応になる。

 なお、今週の経済イベントでは、日銀の金融政策決定会合(16-17日)が予定されている。日銀による現在の金融緩和政策と政府との協調体制は継続されるとみられており、サプライズはないだろうが、安心材料として評価される可能性はありそうだ。


――プレイバック・マーケット――

●SQ値
6月限 日経225 22,071.46  TOPIX  1550.43
7月限 日経225 22,601.81  TOPIX  1555.00
8月限 日経225 23,350.79  TOPIX  1626.38
9月限 日経225 23,272.88  TOPIX  1627.21

◆日経225先物(日足)
     限月   始値   高値   安値   清算値  前日比
9月11日 20/12  23040  23250  22900  23200  +120
9月10日 20/9   23030  23260  23000  23250  +280
9月9日  20/9   23220  23240  22880  22970  -280
9月8日  20/9   23080  23310  23060  23250  +200
9月7日  20/9   23220  23310  22820  23050  -120

◇TOPIX先物(日足)
     限月   始値   高値   安値   清算値  前日比
9月11日 20/12  1607.0  1622.5  1598.5  1620.5  +10.5
9月10日 20/9   1604.0  1626.5  1603.6  1624.0  +23.5
9月9日  20/9   1617.5  1617.9  1591.2  1600.5  -19.5
9月8日  20/9   1607.5  1628.5  1606.5  1620.0  +13.0
9月11日 20/12  1616.5  1623.0  1594.01607.0  -8.0

●シカゴ日経平均 円建て
         清算値 前日比
9月11日(12月限) 23190 -10
9月10日(12月限) 22935 -145
9月9日(9月限)  23185 +215
9月8日(9月限)  23030 -220
9月7日(9月限)  レーバーデーのため休場
※前日比は大阪取引所終値比

□裁定取引に係る現物ポジション裁定残(金額)
      売り     前週末比   買い   前週末比  
9月4日   1兆6966億円  +860億円  5530億円 +419億円
8月28日  1兆6106億円  -411億円  5110億円 -105億円
8月21日  1兆6517億円  -184億円  5216億円 +184億円
8月14日  1兆6702億円 -1078億円  5031億円 +1271億円
8月7日   1兆7780億円 +1386億円  3759億円 +153億円
7月31日  1兆6393億円 -1332億円  3605億円  -93億円
7月22日  1兆7726億円  +319億円  3699億円  +15億円
7月17日  1兆7407億円  -825億円  3684億円 +500億円
7月10日  1兆8232億円  -214億円  3183億円 -665億円
7月3日   1兆8447億円  +241億円  3849億円  +60億円
6月26日  1兆8206億円  -672億円  3788億円 +147億円
6月19日  1兆8878億円  -480億円  3640億円 +786億円
6月12日  1兆9358億円 -3999億円  2853億円 -1746億円
6月5日   2兆3357億円  -896億円  4600億円 -384億円
5月29日  2兆4254億円 -1453億円  4984億円 +317億円
5月22日  2兆5707億円  +732億円  4666億円 +156億円
5月15日  2兆4974億円 +1437億円  4509億円 -681億円
5月8日   2兆3537億円  +687億円  5191億円 +195億円
5月1日   2兆2850億円 -1275億円  4995億円 +223億円

□裁定取引に係る現物ポジション(株数)
      売り      前日比    買い       前日比
9月9日   7億4630万株   +5336万株  2億6411万株   -917万株
9月8日   6億9293万株   -122万株  2億7329万株   +736万株
9月7日   6億9415万株    +40万株  2億6593万株    +43万株
9月4日   6億9375万株   +298万株  2億6549万株   +1342万株
9月3日   6億9076万株   -223万株  2億5207万株   -377万株
9月2日   6億9300万株   -249万株  2億5584万株   +199万株
9月1日   6億9549万株   +1472万株  2億5384万株   -571万株
8月31日  6億8076万株   +1202万株  2億5956万株   +733万株
8月28日  6億6874万株    +66万株  2億5222万株   +442万株
8月27日  6億6807万株   +441万株  2億4779万株   -1395万株
8月26日  6億6366万株   -455万株  2億6175万株   +609万株
8月25日  6億6822万株    -82万株  2億5566万株   +2213万株  
8月24日  6億6904万株    -40万株  2億3352万株   -3198万株
8月21日  6億6945万株    -29万株  2億6551万株   +513万株
8月20日  6億6975万株   -118万株  2億6037万株   -889万株
8月19日  6億7093万株   +1391万株  2億6927万株   -963万株
8月18日  6億5701万株   +127万株  2億7890万株   +2710万株
8月17日  6億5573万株   -513万株  2億5180万株   -165万株
8月14日  6億6087万株   -2303万株  2億5345万株   -318万株
8月13日  6億8390万株   -2274万株  2億5664万株   +1853万株
8月12日  7億0664万株   -2512万株  2億3811万株   +1420万株
8月11日  7億3177万株   +162万株  2億2390万株   +2684万株
8月7日   7億3014万株   -469万株  1億9706万株   +281万株
8月6日   7億3483万株   +545万株  1億9424万株   -215万株
8月5日   7億2938万株    -48万株  1億9640万株    +22万株
8月4日   7億2986万株   +460万株  1億9617万株    -7万株
8月3日   7億2526万株   +2260万株  1億9625万株   +291万株

■日本銀行による指数連動型上場投資信託(ETF)買い入れ推移(通常ETF分)
6月11日 1001億円
6月12日 1001億円
6月18日 1001億円
6月19日 1001億円
6月25日 1001億円
6月29日 1001億円
7月9日  1002億円
7月10日 1002億円
7月20日 1002億円
7月27日 1002億円
7月29日 1002億円
7月31日 1002億円
8月5日  1003億円
8月18日 803億円
9月4日  801億円
9月9日  801億円

株探ニュース

【関連ニュース】
米国市場データ NYダウは2ドル高と小幅に3日続伸 (9月15日)
シカゴ日経平均先物 大取終値比 10円高 (9月15日)
本日の【株主優待】情報 (15日引け後 発表分)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »