株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=エレコム、テレワークでパソコン関連機器好調  9月16日10時01分

 エレコム<6750.T>は7月10日に年初来高値5550円をつけて以降、調整していたが、調整一巡感台頭から反騰機運を強めそうだ。

 8月6日に発表した第1四半期(4~6月)連結決算で、営業利益は40億4900万円(前年同期比21.4%増)と大幅増益となった。新型コロナウイルスの感染拡大を背景にしたテレワークの普及でパソコン関連機器の需要が増加。同社でもテレワーク需要に対応した商品調達・販売戦略の推進に取り組んだことが寄与。また、除菌関連などのヘルスケア製品も伸長した。

 今後もテレワーク関連製品の需要堅調が見込まれるほか、「GIGAスクール構想」の前倒しなどもプラスに働く。会社側では21年3月期営業利益148億円(前期比4.8%増)を見込むが、調査機関によっては今期営業利益160億円強、22年3月期同180億円弱を予想する調査機関もある。好業績期待を背景にした株価の本格上昇に期待したい。(仁)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
村田製などアップル関連株は高安まちまち、iPhone12は10月以降発表か◇
DVxが一時15%高、コロナの影響が想定下回り上期業績予想を上方修正
丸三が急反発、未定だった上期配当は5円50銭増配へ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »