株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

株価指数先物 【週間展望】-コア銘柄への資金流入意識しNTロングでのスプレッド狙い 10月04日17時00分


 今週の日経225先物は2万3000円を支持線として意識しつつ、外部環境を睨みながらの相場展開になりそうである。先週は日本時間9月30日に開催された米国大統領候補者による第1回テレビ討論会終了後の急落。10月1日には東京証券取引所のシステム障害による全銘柄の売買停止の影響を膠着という形で乗り切ったものの、週末2日にはトランプ大統領が新型コロナウイルスに感染したことを自身のツイッターで公表。これをきっかけにリスクオフムードが強まり、波乱の展開となった。2万3300円辺りで推移していた日経225先物は一時2万2940円と一気に2万3000円大台を下回る場面もみられた。

 大統領候補者によるテレビ討論会は日本時間の10時にスタート。ライブ中継を受けてバイデン氏優勢の見方が高まるなか、同陣営が討論会時間帯にオンラインで集めた政治献金が1時間の金額としては過去最高と伝わったこともあり、売り仕掛けにつながったとみられる。ただし、米国市場ではテレビ討論会に対する特段の反応はみられず、追加の経済対策を巡る思惑などが変動要因となっていた。国民性の違いなのか日本市場は過剰反応をみせやすく、変動率の大きさや流動性の観点から売り仕掛けの好機と捉えられたようだ。実際にこの日の日経225先物の手口では、CTA(商品投資顧問)経由とみられるクレディスイスによる2000枚以上の売り越しが観察された。

 週末の米国市場では、トランプ大統領感染による政局不安に加えて、9月の雇用統計が予想を下回ったことが嫌気されて売りが先行したが、追加経済対策を巡る思惑などで下落幅を縮めており、NYダウ先物は134ドル安だった。週末のグローベックスの米株先物ではNYダウは500ドル程度下げる場面もみられていただけに、ひとまず週明けには短期筋のショートカバーも意識され、落ち着きがみられそうである。

 ただし、ホワイトハウスで新型コロナウイルスの感染者が相次いでおり、クラスターが発生した可能性があると伝わっている。トランプ陣営の選対本部長の陽性判定も明らかとなっており、大統領選挙への影響は避けられない状況であり、関連する報道には過剰に反応しやすくなろう。積極的にトレンドを取りに行く動きも限られるとみられ、リバウンド場面はショート筋の売り仕掛けのタイミングともなりやすい。商いが膨らみづらい需給状況では、先物主導で仕掛けやすくなるため、仕掛けられた方向にトレンドが出てくる場面では、よりヘッジ対応の売買が増えやすくなるだけに冷静さが必要となる。

 そのため、一方向にポジションを傾けるのは禁物であり、基本はスプレッド狙いとなる。先週はNT倍率の上昇がみられており、NT倍率は先物中心限月で14.34まで切り上がる場面があった。テクニカル面では、これまで上値を抑えられていた25日移動平均線を捉えてきており、8月以降の下降トレンドが転換をみせてくる可能性がある。また、日本は他国に比べて新型コロナをうまく封じ込めてきており、先進国では日本にリスク回避の資金を振り向けやすいだろう。

 とはいえ、一気にリスクオンムードが高まる可能性も低いことを考えると、必然的にコア銘柄の一角への物色にとどまる。そのため、日経225型が相対的に優位となるため、NTロング(日経225先物買い、TOPIX先物売り)によるポジションでのスプレッド狙いが有効だろう。2万3000円と2万3500円とのレンジ相場は継続。レンジ下限ではNTロングのポジションを積み上げ、権利行使価格の2万3375円突破後はTOPIXショートを減らす形でロングに傾けるスタンスである。

 経済指標では、5日に9月の独サービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値、9月の米サービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値、9月のISM非製造業景況指数。6日にパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長発言、7日に米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨などが予定されている。

――プレイバック・マーケット――

●SQ値
6月限 日経225 22071.46  TOPIX  1550.43
7月限 日経225 22601.81  TOPIX  1555.00
8月限 日経225 23350.79  TOPIX  1626.38
9月限 日経225 23272.88  TOPIX  1627.21

◆日経225先物12月限(日足)
     始値   高値   安値   清算値  前日比
10月2日 23340  23360  22940  22980  -330
10月1日 23250  23380  23170  23310  +130
9月30日 23470  23530  23120  23190  -340
9月29日 23320  23610  23250  23520  +230
9月28日 23040  23350  22840  23290  +260

◇TOPIX先物12月限(日足)
     始値   高値   安値   清算値  前日比
10月2日 1636.5  1639.0  1601.5  1605.5  -28.5
10月1日 1629.5  1640.5  1624.5  1634.0  +7.5
9月30日 1654.5  1659.0  1621.5  1626.5  -32.5
9月29日 1642.0  1669.0  1638.0  1659.0  +19.0
9月28日 1619.5  1649.0  1607.5  1640.0  +21.0

●シカゴ日経平均 円建て
         清算値 前日比
10月2日(12月限) 23175 +195
10月1日(12月限) 23335 +25
9月30日(12月限) 23265 +85
9月29日(12月限) 23450 -70
9月28日(12月限) 23380 +90

※前日比は大阪取引所終値比

□裁定取引に係る現物ポジション裁定残(金額)
      売り     前週末比   買い   前週末比
9月25日  1兆8044億円  +486億円  4436億円 +359億円
9月18日  1兆7558億円  +117億円  4076億円 +411億円
9月11日  1兆7441億円  +474億円  3665億円 -1864億円
9月4日   1兆6966億円  +860億円  5530億円 +419億円
8月28日  1兆6106億円  -411億円  5110億円 -105億円
8月21日  1兆6517億円  -184億円  5216億円 +184億円
8月14日  1兆6702億円 -1078億円  5031億円 +1271億円
8月7日   1兆7780億円 +1386億円  3759億円 +153億円
7月31日  1兆6393億円 -1332億円  3605億円  -93億円
7月22日  1兆7726億円  +319億円  3699億円  +15億円
7月17日  1兆7407億円  -825億円  3684億円 +500億円
7月10日  1兆8232億円  -214億円  3183億円 -665億円
7月3日   1兆8447億円  +241億円  3849億円  +60億円
6月26日  1兆8206億円  -672億円  3788億円 +147億円
6月19日  1兆8878億円  -480億円  3640億円 +786億円
6月12日  1兆9358億円 -3999億円  2853億円 -1746億円
6月5日   2兆3357億円  -896億円  4600億円 -384億円
5月29日  2兆4254億円 -1453億円  4984億円 +317億円
5月22日  2兆5707億円  +732億円  4666億円 +156億円
5月15日  2兆4974億円 +1437億円  4509億円 -681億円
5月8日   2兆3537億円  +687億円  5191億円 +195億円
5月1日   2兆2850億円 -1275億円  4995億円 +223億円

□裁定取引に係る現物ポジション(株数)
      売り      前日比    買い       前日比
9月30日  7億0355万株   +2572万株  1億9471万株   -2263万株
9月29日  6億7782万株   -1559万株  2億1734万株   +518万株
9月28日  6億9342万株   -1911万株  2億1216万株   +141万株
9月25日  7億1253万株   +387万株  2億1074万株   +1292万株
9月24日  7億0866万株   +284万株  1億9782万株    -83万株
9月23日  7億0582万株   +1695万株  1億9865万株   +402万株
9月18日  6億8886万株   -141万株  1億9463万株   +373万株
9月17日  6億9027万株   +275万株  1億9089万株   -224万株
9月16日  6億8751万株   -178万株  1億9314万株   +1685万株
9月15日  6億8930万株   -1543万株  1億7629万株   -338万株
9月14日  7億0473万株   +168万株  1億7967万株   +405万株
9月11日  7億0304万株   -7863万株  1億7562万株   -8195万株
9月10日  7億8168万株   +3538万株  2億5758万株   -653万株
9月9日   7億4630万株   +5336万株  2億6411万株   -917万株
9月8日   6億9293万株   -122万株  2億7329万株   +736万株
9月7日   6億9415万株    +40万株  2億6593万株    +43万株
9月4日   6億9375万株   +298万株  2億6549万株   +1342万株
9月3日   6億9076万株   -223万株  2億5207万株   -377万株
9月2日   6億9300万株   -249万株  2億5584万株   +199万株
9月1日   6億9549万株   +1472万株  2億5384万株   -571万株
8月31日  6億8076万株   +1202万株  2億5956万株   +733万株
8月28日  6億6874万株    +66万株  2億5222万株   +442万株
8月27日  6億6807万株   +441万株  2億4779万株   -1395万株
8月26日  6億6366万株   -455万株  2億6175万株   +609万株
8月25日  6億6822万株    -82万株  2億5566万株   +2213万株
8月24日  6億6904万株    -40万株  2億3352万株   -3198万株

■日本銀行による指数連動型上場投資信託(ETF)買い入れ推移(通常ETF分)
6月11日 1001億円
6月12日 1001億円
6月18日 1001億円
6月19日 1001億円
6月25日 1001億円
6月29日 1001億円
7月9日  1002億円
7月10日 1002億円
7月20日 1002億円
7月27日 1002億円
7月29日 1002億円
7月31日 1002億円
8月5日  1003億円
8月18日 803億円
9月4日  801億円
9月9日  801億円
9月15日 801億円
9月17日 801億円
9月23日 801億円
9月24日 801億円
9月29日 801億円

株探ニュース

【関連ニュース】
信用残ランキング【売り残増加】 ヤマダHD、みずほFG、ゼンショHD
信用残ランキング【買い残増加】 日産自、三菱UFJ、SB
信用残ランキング【売り残減少】 SB、日本通信、神戸鋼


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »