株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

Defiにおける分散型BTCステーブルコインの比較:tBTC、pBTCとrenBTC【フィスコ・暗号資産コラム】 10月09日15時36分

「Defiプロジェクト「renVM」」(※1)ではRENを基盤トークンとするBTCステーブルコインのrenBTCを取り上げたが、tBTCはKEEP、pBTCはPNTをそれぞれ基盤トークンとするBTCステーブルコインであり、いずれもスマートコントラクトでBTCが発行される。

Ethereum上で発行されている分散型BTCステーブルコインのシェアは、renBTCが19.6%に対して、tBTCが0.28%、pBTCが0.09%である(10月6日時点)。「分散型管理」を謳うタイプのものでは、renBTCのシェアが圧倒的に大きい。また、各トークンのスポット取引を扱う取引所の数もrenBTCが最も多い(coinGeckoより)。

renBTC、tBTC、pBTCは、いずれも今年の3月から5月にかけてローンチされたプロトコルであり、完全なバージョンに向けた移行が進められている。renBTCとpBTCは「フェーズゼロ」である。一方、tBTCは、5月にゼロ版が公開されたが、その2日後にバグが発見されたため、9月22日に改良を加えた2版がローンチされた。

pBTCは、現状のフェーズゼロでは手数料がゼロであり、発行枚数の制約も強くないため、スケーラビリティは相対的に高いと見られる。一方、取引を承認するバリデーターは単体であるため、分散化が実現できていない。tBTCでは、バリデーターが担保としてETHを預けた際の利率が、Yield Farming(流動性を提供することで得られる利率や手数料)よりも低い。手数料はrenBTCよりも割高であり、発行後、最低6ヵ月というロック期間も定められている。renBTCについても「RENの価格を外部から取得していない」といった課題が指摘されている。
※1:https://web.fisco.jp/platform/selected-news/00108100/0010810020201006001

出所:Coin Market Cap



<RS>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »