株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

弱含み、均衡表は上下とも方向感出にくく 10月14日07時55分

[本日の想定レンジ]
13日の米国市場では、NYダウが157.71ドル安の28679.81、ナスダック総合指数が12.36pt安の11863.90、シカゴ日経225先物が大阪日中比75円安の23515といずれも軟化した。本日の日経平均は弱含みが予想される。昨日はザラ場で23500円を下回った後、プラス圏に浮上した。本日もシカゴ日経225先物安にサヤ寄せして売り先行が予想されるが、25日線の上向きキープを背景に23500円下では押し目買いが予想され、下値は限られよう。一目均衡表では、基準線と転換線が横ばいのため上にも下にも方向感が出にくいとみられ、上値も重そうだ。
[予想レンジ]
上限23650円−下限23400円





<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »