株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は続落、達成感と週末要因で売り継続、グッドパッチなどストップ高 10月16日16時51分

 本日のマザーズ市場では、前日に続き利益確定の売りが優勢となった。一昨日にマザーズ指数が2018年1月高値(1367.86pt、取引時間中)を上回ったことによる達成感に週末要因も加わって、このところ賑わっていたインターネット・IT関連株を中心に手仕舞いの動きが広がった。一方、前日は6-8月期決算発表の最終盤で、好業績銘柄を中心に買いが入った。なお、マザーズ指数は続落、売買代金は概算で2775.57億円。騰落数は、値上がり61銘柄、値下がり262銘柄、変わらず6銘柄となった。
 個別では、時価総額上位の弁護士コム<6027>などが下落し、メルカリ<4385>やラクス<3923>は小安い。売買代金上位ではBASE<4477>が続落したほか、マクアケ<4479>やロコンド<3558>の下げが目立った。また、直近賑わっていたGMO−FG<4051>が一転ストップ安水準まで売られたほか、決算が嫌気されたBエンジニア<7352>やロゼッタ<6182>もストップ安を付けた。一方、時価総額上位ではフリー<4478>、売買代金上位では農業総合研究所<3541>やアンジェス<4563>が上昇。決算発表銘柄ではTKP<
3479>などが買われ、グッドパッチ<7351>やビザスク<4490>はストップ高水準まで急伸。SERIOHD<6567>とバリュエンス<9270>は買い気配のままストップ高比例配分となった。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »