株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=Bガレージ、サロン業界のEC化で恩恵 11月18日10時00分

 ビューティガレージ<3180.T>は好業績期待を背景に、株価の水準訂正が期待できる。

 第1四半期(5~7月)連結営業利益が1億7600万円(前年同期比10.8%増)となり、上期計画の1億7000万円を上回ったことで、株価は発表前の2000円前後から10月9日の年初来高値3110円まで駆け上がった。ただ、新型コロナウイルス感染症の拡大で、遅れていたビューティーサロン向け流通業界のEC化が進めば、同社への恩恵が大きいことや、同社のECディーラーとしての成長力などを考慮すると、いまだ評価不足との見方が強い。

 また、前述のように第1四半期時点で上期計画の営業利益を上回っており、12月9日に予定されている上期決算発表で、21年4月期通期業績予想が上方修正される可能性は十分にある。調査機関によっては、21年4月期営業利益8億円弱、22年4月期同9億円台を見込むところもあり、株価は今後、成長性を評価する動きが期待できよう。(仁)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ツインバードが大幅続落、東証による信用規制強化を嫌気
18日韓国・KOSPI指数=寄り付き2548.85(+9.70)
フリー、AIinsなど反発、マザーズ指数は75日線で下げ止まる形に◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »