株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は続落、コロナ拡大で利益確定売り 11月19日15時51分

日経平均は続落。18日の米国市場でNYダウは続落し、344ドル安となった。直近の最高値更新により利益確定の売りが出たほか、新型コロナウイルスの感染拡大でニューヨーク市が公立学校を再び閉鎖すると発表し、下げ幅を広げた。本日の日経平均も国内外での感染拡大を嫌気して99円安からスタート。後場に入ると「19日の東京都の新規感染者数は500人以上」と伝わったことで一時25474.94円(前日比253.20円安)まで下落した。ただ、「ウィズコロナ」関連株を中心に買いが入り、日経平均も引けにかけて下げ幅を縮めた。

大引けの日経平均は前日比93.80円安の25634.34円となった。東証1部の売買高は13億6824万株、売買代金は2兆8636億円だった。業種別では、鉄鋼、非鉄金属、鉱業が下落率上位だった。一方、その他製品、陸運業、建設業が上昇率上位だった。東証1部の値下がり銘柄は全体の57%、対して値上がり銘柄は38%となった。

個別では、ファーストリテ<9983>が2%超の下落となり、1銘柄で日経平均を約70円押し下げた。東エレク<8035>やアドバンテス<6857>といった半導体関連株もやや下げが目立ち、直近上昇していた銘柄に利益確定の売りが出たとみられる。その他売買代金上位ではソフトバンクG<9984>や三菱UFJ<8306>が軟調で、トヨタ自<7203>は小安い。新型コロナ再拡大を受けてくら寿司<2695>などの外食関連株は売りがかさんだ。
また、GDO<3319>などが東証1部下落率上位に顔を出した。一方、「ウィズコロナ」グロース(成長)株の任天堂<7974>やエムスリー<2413>は2%超、ZHD<4689>は6%
上昇した。ソフトバンク<9434>やNTT<9432>といった通信株も堅調。SGHD<9143>は「巣ごもり消費」再拡大の思惑、シャープ<6753>は日経平均への採用で買われ、日本金属<5491>などとともに東証1部上昇率上位に顔を出した。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »