城南進学研究社---1Qは売上高が11.13億円、教育ソリューション事業が増収

2020年08月11日 17時25分

城南進学研究社<4720>は7日、2021年3月期第1四半期(20年4月-6月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比23.2%減の11.13億円、営業損失が3.32億円(前年同期は4.07億円の損失)、経常損失が3.19億円(同4.03億円の損失)、親会社株主に帰属する四半期純損失が3.38億円(同3.71億円の損失)となった。

教育事業の売上高は前年同期比20.6%減の10.80億円となった。2020年3月期連結事業年度末をもって従来の「城南予備校」の運営を終了し、AIを使った自立学習とプロ講師による指導、徹底したICT学習管理を行う「城南予備校DUO」へ完全統合移行した。これにより、固定費の大幅削減を実現している。
児童教育部門は、2020年4月に開校した「城南ブレインパーク」において複数の乳幼児向けサービスを1か所で提供できる体制を整えている。また、保育の運営は、城南ルミナ保育園と子会社の城南ナーサリー及びフェアリィーが連携し、安定的な売上高を確保している。
教育ソリューション事業はWEB学習システム「デキタス」が多くの学校、自治体、学習塾で導入が進んでおり、新型コロナウイルス感染症による影響下でもニーズの高まりから売上高は増加している。

スポーツ事業の売上高は前年同期比62.6%減の0.33億円となった。子会社である久ケ原スポーツクラブでは、緊急事態宣言の発令によりスイミングクラブ及びスポーツジムが一定期間営業休止となるなど厳しい状況が続いたが、2020年6月以降は除菌対策・衛生管理を徹底したうえで運営を再開している。

2021年3月期通期の連結業績予想については、新型コロナウイルス感染症による影響を現段階において合理的に算定することが困難であるため未定としている。今後、業績予想が可能となった時点で速やかに公表する。




<EY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧
昭和産業---サンエイ糖化の株式取得日を変更
2020年09月29日 19時02分
いちご---キャプテン翼リアルワールドゲーム「TSUBASA+」日本国..
2020年09月29日 18時23分
新興市場銘柄ダイジェスト:HPCシステムズは急伸、ベルトラが大幅反発
2020年09月29日 18時05分
日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は3日続伸、東エレクが1銘..
2020年09月29日 18時01分
城南進学研究社---「未来の教室」実証事業に参画、生徒の学力をオンライ..
2020年09月29日 17時11分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン
  • ブラックバス(<゜)))彡)さんがライドオンEXの銘柄についてコメントしました。
    頑張ってください! (21分前)
  • マルコさんがジャステックの銘柄についてコメントしました。
    決算は悪くなかったが業績の下方修正だぁ? 損切り・・ (23分前)
  • Keiton【休憩中】さんがライドオンEXの銘柄についてコメントしました。
    週末から勉強モードになるからライドオンは買ったまま放置にする... (約1時間前)
  • しーさんさんが日産自の銘柄についてコメントしました。
    下降トレンドで窓開け出ました。内容はよくないが内容無視の反転... (約1時間前)
  • しーさんさんがオーテックの銘柄についてコメントしました。
    材料出ました。提携先の橋本総業も気になるがここは規模の小さい... (約1時間前)
  • もっと見る