レオパレス21---急落、6月末に100億円超の債務超過と伝わり先行き不透明感

2020年09月28日 10時52分

レオパレス21<8848>は急落。6月末に100億円超の債務超過になったとの観測報道が伝わっている。30日に発表予定の4-6月期決算では、最終損益が120億円超の赤字となったもよう。施工不良問題による経営不振に加えて、新型コロナによる企業活動の停滞でサブリースの利用が落ち込んでいるようだ。期末に債務超過となると東証1部から2部に降格となり、翌年度までに解消できなければ上場廃止となるため、あらためて先行き不透明感が強まる状況へ。

<US>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧
前日に動いた銘柄 part2 エヌ・シー・エヌ、Jストリーム、ドリコム..
2020年10月31日 07時32分
前日に動いた銘柄 part1 KADOKAWA、オカムラ、島忠など
2020年10月31日 07時15分
ハウスドゥ---株式会社フィナンシャルドゥの第三者割当増資を全額引受
2020年10月30日 17時13分
SBSホールディングス---「物流センター厚木森の里」を2022年5月..
2020年10月30日 17時05分
ネクスグループ---営農支援ツール「アグリノート」の取り扱いを開始
2020年10月30日 16時59分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン