東京為替:中国本土株安を意識して円売り抑制も

2020年10月27日 11時04分

27日午前の東京市場でドル・円は104円70銭台で推移。日経平均は45円安で推移しており、下げ幅は再び縮小。ただ、中国本土株式は弱含みとなっており、株安を意識してリスク選好的な円売りは抑制されているようだ。ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円75銭から104円89銭、ユーロ・ドルは1.1807ドルから1.1860ドル、ユーロ・円は123円69銭から123円87銭。

■今後のポイント
・新型コロナウイルスのワクチン・有効治療薬の開発競争は加速する可能性
・米追加経済救済策成立は大統領選挙後となる可能性
・ウイルス感染拡大で欧米経済見通しは不透明



<MK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 市況・概況」 のニュース一覧
マザーズ先物概況:反落、現物株の利食い売りに押され、25日線を割り込む
2020年11月25日 16時22分
日経平均は26700円乗せ後は目先ピークが意識される流れに【クロージン..
2020年11月25日 16時21分
東京為替:ドル・円は底堅い、ユーロ・ドルは節目付近で攻防
2020年11月25日 16時15分
大阪金概況:下落、リスク資産選好一段と進む
2020年11月25日 16時05分
[相場概況]日経平均は続伸、高値警戒感が漂うなか営業時短要請で利益確定..
2020年11月25日 16時00分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
終了
タイムライン