東京為替:1ドル104円70銭近辺、麻生財務相・金融特区に言及

2020年10月27日 13時01分

午後の東京外為市場でドル・円は1ドル=104円70銭近辺で推移。麻生財務相は閣議後の会見で、政府が目指している国際金融都市で、特区を作る考えを検討してると述べたとブルームバーグが報じている。同相は、香港が一連の騒動で国際金融センターとしての機能が大幅に縮小しつつあることで、今後は日本に目が向くとの見方を示した。

一方、東京株式市場は日経平均が102円高と後場の寄り付きより若干下げ幅を拡大している。前場のTOPIXの下落率が0.5%未満であったことで、日銀のETF買い期待が後退しているようだ。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 市況・概況」 のニュース一覧
25日の日本国債市場概況:債券先物は152円14銭で終了
2020年11月25日 17時45分
欧米為替見通し:ドル・円は下げ渋りか、感謝祭前に株価失速ならドル売り縮..
2020年11月25日 17時25分
東京為替:ドル・円は上げ渋り、ユーロ・ドルのじり高で
2020年11月25日 17時08分
マザーズ先物概況:反落、現物株の利食い売りに押され、25日線を割り込む
2020年11月25日 16時22分
日経平均は26700円乗せ後は目先ピークが意識される流れに【クロージン..
2020年11月25日 16時21分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
終了
タイムライン