初心者から学べる日本最大のバーチャル投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!

\ アプリでどこでも楽しみたい方は!/
\ Webでじっくり楽しみたい方は!/

第4回「なぜ株を売買するのか」(2) ~ 価格の変動

価格の変動

株価(株式が売買される値段)は、常に変動しています。

例えば、もともと10,000円で買った株でも、その会社の業績が伸びれば「10,000円以上出すから譲ってくれ!」と言う人が現れます。逆に業績が落ちれば、「10,000円よりも値段下げるから誰か買ってくれませんか?」となります。こうして株式の値段は変動します。

株式の値段が変動するようになると、値段が下がっている9,000円ぐらいの時に買っておいて、また10,000円まで戻ったら売り、差額の1,000円を儲けよう、といった投機的な売買(会社の事業の将来性を見込んで投資するのではなく、短期的な価格差で利益を得ようとする売買)をする人が現れます。

このようにして株式の売買と値動きは活発になっていきます。

さて、現在の日本で、私たち個人投資家はどんな目的で株式を売買をしているでしょうか。利益目的という点では、大きく3つに分けることが出来ます。